車の生命線かエアバックの安全は

今や車にエアバックは欠かせないアイテムと呼んでいい程ポピュラーな安全装置になりました。新しく製造、販売される車にはほぼ標準装備されています。一定の衝撃が車に加わると各所に配置されたセンサーが感知し、コントロールユニットを経由してガスを発生させて、瞬時にバックを膨らませるという仕組みです。

種類もメーカーや車種によって様々で、ハンドルや助手席前部に装着されているものの他カーテンのように窓を覆うもの、膝を守る為足元から飛び出すもの、座席と座席の間に出ることで乗員同士の衝突を和らげるもの等があります。エアバックの安全が車の生命線かと言われると、そうなり得るとは言えますが、断言は難しいです。

これはその危険回避性があくまでも補完的な意味を持つことに起因します。シートベルトを装着して初めてその能力を発揮するからです。シートベルト無しに飛び出しても乗員を守れるとは限らないですし、逆に危険が増すことだってあります。かなり周知されてきているとは言え、未だに勘違いをしている方がいるのも事実です。

現在でも乗員の命を守る一番の装置はシートベルトです。これ無しに車の安全は語れません。全席の着用が義務付けられているのもその為です。シートベルトとセットでよりその危険回避能力は発揮されますから、二つのコンビネーションが車の生命線であるということは言えます。エアバック単体で乗員を守ることができるという考え方は間違っています。

他にその捉え方によって逆に危険になり得る例として、助手席のチャイルドシートがあります。チャイルドシートには後ろ向き、つまり進行方向とは逆に装着するタイプがありますが、これを助手席に装着してしまうと、エアバックが開いたとき干渉してしまいます。相当強い衝撃が頭部に加わるので小さい子どもにはとても危険です。

またそのメカニズムの性質上、一度開くとその後少しずつ収縮していくので、その次にいわゆる二次的な衝突があった場合に対するケアは難しくなります。以上ような注意点をよく理解した上で補完的な装置として捉えるならば、車の乗員を守る生命線となり得ます。

サイトイチオシ

中古車一括査定で違いが出るのは
査定後の価格交渉も

仙台の起業家必見!納得の充実会社設立サポート!
東北から全国にはばたくチャンスです

初心者もベテランも、全てのドライバーが望んだカーナビ
運転しながらの操作でも安全でスムーズに

前日予約もOK!沖縄のレンタカー情報たびんふぉ
最短1時間前の予約も可能です!

中目黒のオシャレな分譲賃貸マンション情報あります
オレンジルーム自慢のクレイシアシリーズ