事故を引き起こした時のリスクヘッジ

“車で事故を起こした際に安全を守るためのエアバックは、乗員がハンドルなどに直接衝突することを防いで、頭部や胸部の衝撃を軽減させてくれます。
エアバックはメーカーが決めた状態で衝突したときに膨らんで、重大な怪我などが発生しないように作られているので、衝突速度や衝突物によっては膨らまない場合があります。エアバックは前面衝突であっても衝突の角度などによって膨らまない場合もあり、膨らんだ後すぐにしぼんでしまうので、その後に起きる衝突に対しては効果がありません。
車のエアバックは、どういった状態でも安全を守ることができるかというとそうではありません。エアバックが安全に働くためには、シートベルトの着用を正しくすることが大切です。シートベルトを着用していないと、死亡率が約8割高くなります。また、シートベルトを正しく着用していない場合には逆に大きな怪我をしてしまう恐れがあります。正しくシートベルトを着用の上利用することで安全を守ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です