小さい子供が車に安心して乗るために

“エアバックとは、事故などで車に一定の衝撃が加わると一気に膨らみ、乗っている人がハンドルやダッシュボード、ドアにぶつかってけがをするのを防ぐ装備になります。エアバックは基本的に運転席側と助手席側についていますが、側面からの衝撃に発動するものはシートの側面に、正面からの衝撃に発動するものは運転席と助手席のひざ前にある内装カバーの内部についていたりと、車によって様々なエアバッグが搭載されています。
エアバックは安全システムの1つですが、小さな子供が乗車する場合は注意しなければなりません。小さな子供が一緒に乗る時にやりがちなのが助手席に大人のひざの上に座らせたり、一人で自由にさせることです。しかしながら子供の場合、エアバックが作動した時の衝撃でけがをすることがあり、状況によっては命にかかわる危険性があります。子供を乗せるなら子供の身長や体重に合ったチャイルドシートを後部座席に取り付け、運転中は不用意に動き回らないようにすることが大切です。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です