車と子供の安全について

エアバックは現在ではほとんどの車に装備されており、万が一の事故の時などは搭乗者の命を守る重要な物ですが座席や運転姿勢などが適切で無い場合エアバックによる重大な事故のも繋がります。シートベルトと同じ様に適切な使用というのが万が一の場合の怪我の軽減という事の前提となっています。チャイルドシートの使用が義務付けられている年齢のお子様などは注意が必要で、助手席でのチャイルドシートの使用は多くの車で禁止事項になっているという様に、適切な使用を守らないと逆に危険な物となります。例えば助手席に後ろ向きでチャイルドシートを取り付けてしまったりするとエアバックが膨らむ衝撃でチャイルドシートをはじき飛ばしてしまうので大変危険な物です。また正面に向けている場合は通常の座席よりも前でエアバックの衝撃を受ける為顔面、頭部、頸部に大きなダメージを受ける事に繋がりますし乳幼児の顔面を圧迫しての窒息死につながる事もあります。ですがエアバックは前方衝突事故の際衝撃で首の骨が折れるなどの死亡事故を防いでくれますので、チャイルドシートの正しい使い方をすれば安全性は向上します。車の安全性能は飛躍的に向上していますが、それだけで安全性が向上するという物では無いし、完璧な物でもありません。特にエアバックは素早く膨らむ必要性がありますので膨らむ力は非常に強く使用を間違えれば危険な物となりますが適切な使用をすればいざという時に搭乗者の命を守るとても大事な装備です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です